×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2008 新歓プレ田辺ツアー

1ページ LOG BACK

Writer まなてぃ
Date 2008/06/15 2本目
Point ショウガゼ
Ave 15.3m Time 11:11〜12:02(51min) Temp 22℃
Max 39.6m Member まなてぃー隣人、スエーももーレナ
超楽しかったです!なにより私は念願のオオカワリギンチャクを見られて嬉しかったです♪ 暗めの海の中、蛍光黄色のイソギンチャクがぽこぽこぽこぽこ大群生☆どっか他の星のお花畑みたいでした。みやびちゃん行ったらイソギンチャクとおそろになれるよ!!
おっきくてきれいなサクラダイも出てきました。夏見た婚姻色サロンパスを思い出す美しさでした。みんなうっとり。
きびなごやウメイロモドキなど、群れも出てきてウハウハでした。クエ(小学校の時、教科書で「海の宝物」読んだ人いる?あの魚だよ〜!)も出たしシーラもうじゃうじゃ出ました。かわいいクダゴンべも出たり盛り沢山、大満足の一本でした。
二本目も楽しかったしやっぱりダイビング最高vって思いました。新歓も夏も楽しみです♪
Writer 堀井
Date 2008/06/15 3本目
Point 南出し
Ave 12.0m Time 15:05〜15:53(48min) Temp 25℃
Max 19.1m Member 堀井ー伊出、まっすんーすえーとりP
今まで本州で潜った海を想像していたので、正直海の豊かさ(?)に驚きました。
初めはまず砂底の魚を見、それから岩場に移動しました。
岩場に入った途端、魚の数が一気に増え、海草のような、そうでないような
房状の変な物(誰かまた教えてくださいw)もたくさん生えていたりして、
幻想的な眺めでした。
ダイビング中は頻繁に水面にハンマーの影を探していたのですが、
安全停止中に遂に見れました!!
本当にハンマー〜!!って感じですね。
和歌山でこんな海に潜れるなんて感動です。
その他にも新歓の練習やスキルの反省も沢山あり、濃い一日でした。
新歓合宿も楽しみです。
Writer かっきー
Date 2008/06/15 3本目
Point ロングアーチ
Ave 12.0m Time 15:06〜15:55(49min) Temp 25℃
Max 19.7m Member もも−新見、かき−がっちょ−浪江
このポイントは、去年の秋にもツアーで行ったポイントです。
去年は、めっちゃうねうねニゴニゴ、ガイトさん自転車漕いでるチーーーンな感じで、訳分からん感じがツボでした。
今回は、透明度はやっぱり悪かったけど、うねりはありませんでした。
エントリーしてすぐ、ガイドさんが、壁をライトで照らして、何か探し出して、それがなかなか見つからなくて、仕舞いには、がっちょにもライト渡して探させて、「がっちょファイト」って感じで、5分くらい待ってました。
そうして、やっと見つかったのが、ハナタツというタツノオトシゴの仲間の赤ちゃん。体長は5mmくらいで、めっちゃかわいかったです。
で、壁沿いに移動してると、壁の隙間に、ナマズみたいなヘンテコな魚、イタチウオを見つけました。
手を伸ばして出てこさせようとしてたら、そこにライトの光が。
「ガイドさんナイス!」って思ったら、がっちょやって、がっちょの成長に涙が出そうに…笑
さらに、そのちょっと行った壁に横にブワって広がった隙間があって、そこをライトで見ると、
さっき見たイタチウオがまた居たり、1mくらいありそうなドデカイ伊勢えび、キンメモドキ?の群れとか、ホンマすごかった。
イセエビがホンマでかくて、いつの間にか、浪江がライト持ってたり、夢中になってしばらくみんなで壁にしがみついて見てた。
で、そのまま壁の上行って、そろそろ、エグジット的な雰囲気かな?って思ってたら、どんどんガイドさんが先先進んで行って、なんかボーっとしてたら、「浪江がいない…」
「やってしまった…」
頭真っ白になりかけながら、少し戻るとライトの光が見えて、「ああよかった」
ホンマごめん。
その後は、このポイントの醍醐味、ロングアーチがあったけど、もうホンマどうでも良くて、どうでもよかった。
エグジットまで、浪江大丈夫か?ああ俺…。
みたいな感じで、楽しいこともあったけど、上回生失格なとても後味の悪い一本でした。

ミスると、ホンマ後悔しか残らんし、新歓に向けてみんなで、しっかりやってこう!!ああ俺…

Copyright(C) 2009 MARINESNOW All Rights Reserved.