×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初日

1本目 ひょうたん島

  ひょうたん島はポイントのすぐに横にある島がヒョッコリひょうたん島みたいな島が近くにあるからこんな名前になってしまったポイントです。

   最初はチェックダイブみたいなのをかねているので、そこまで期待していませんでした。でもブリーフィングでヘルフリッチ(シコンハタタエハゼ)が見れる ときいて、ちょっとテンションがあがりました。ポイントとしては水深10メートルくらいにアンカーがうってあり、そこからなだらかな坂を潜って行く感じ で、辺りにはクビアカハゼやツユベラの幼魚がいました。そのときふと動く影をみるとコガネヤッコがいました。こいつはリクエストをしていたのですが、ブ リーフィングのとおりすぐに隠れてしまったので、やっぱりこれをガイドとして見せるのはむずかしいのだろうなと思いました。またそのあたりにはコビトスズ メダイ、ベニオチョウチョウウオなどの沖縄にはあまりいないような魚が普通種のようににおり、生態の分布の違いに驚きました。ヘルフリッチは前の凶悪ダイ バーに荒らされて引っ込んでいました。ほんまハゼ引っ込めたら泣かすぞ!最後に帰るときにツバメウオの群れに遭遇し、そのときにヨウヘイさんの指示で群れ を大きく囲んで輪を縮めツバメウオを集めることに成功し、ゆっくりじっくりみることができました。

クビアカハゼ、ニセフウライチョウチョウウオ、ユウゼン、コガネヤッコ、ツバメウオの群れ、モンスズメダイ幼魚

テングダイ、セナキルリスズメダイ

 

2本目 バラ沈

  1本目と違いだいぶ濁っていました。このポイントはバラバラになった沈船が沈んでいるので、「バラ沈」というそうです。他の人達と潜っていたが、その人たちは客なのかアシストなのかよくわからなかった。このポイントはあんまり覚えていません

カノコイセエビ、ヨスジフエダイの群れ、カンムリベラ、ウメイロ、アジアコショウダイ幼魚、クマノミのSP

集合写真WITHガイドさん

2日目へ

BACK